いま日本では若者の結婚離れが深刻な問題となっています。
結婚離れの発端となっているのが若い男女の恋愛事情・・・。
今日においては若い女性の約6割が、そしてなんと男性においては7割近くが恋愛の経験をしたことがないというから驚きですよね。
いかに今の若者たちの男女の交流が少なくなっているのかが見えてきます。

このまま若者の結婚離れが続いていけば当然子供の数も減ることとなり、少子高齢化という社会問題が拡大していくことになります。

実は、この問題に一役買っているのが出会い系サイトなのです。
ここでは、若い男女が真剣に恋人や結婚のお相手を探すことができる出会いのサイトについて書いてみましょう。

出会いサイトのイメージ

出会いを目的としたサイトは、異性との出会いを求める男女が集まってその中で理想のお相手を見つけることができる大変画期的なサービスです。
しかし、ニュースや新聞では援助交際にまつわる事件とかサクラによる詐欺被害などが報道されるため、決して良い印象を持たれないのが現状です。

また、出会いのサイトはセフレや不倫といった大人の出会いが目的で利用する人が多いため、性的な関係を求める人たちのもの・・・というイメージも強いのではないでしょうか。
出会いのサイトは犯罪の温床であるとか、セックスのためのお相手探しという固定観念から、利用することを躊躇している人も多いことでしょう。

実際に出会い系サイトを利用している人は分かっていると思いますが、出会い系で悪質なサイトと言われているのは一部のサイトであって、多くのサイトでは健全に運営されています。
出会いを目的としたサイトは法的な規制がありますので、悪質なサイトは年々減少傾向にあるといわれています。

大人の関係を目的とした掲示板やサイトが多いのは、それだけ利用者の需要が高いからです。
結婚は考えていないけど性的な欲求は満たしたい・・・という人たちは、特定のお相手を見つけるのではなく割り切った関係を見つけるために大人の出会いを利用しているのです。

もちろん、真面目な出会いに特化したサイトもあります。
真剣に恋人や結婚の相手を探すための健全なサイトです。
こういったサイトは、セフレや不倫といった目的で登録できないように独身者限定であったり、会員の質を高めるために会費制だったりします。
私は既婚者なので登録はできませんが、サイトの説明を読んでみると確かに結婚を前提としたお付き合いができるように、プロフィールの項目などが整備されていることがわかります。

出会いのサイトは悪質なものばかりではありませんし、性的な関係を目的としているものばかりでもありません。
真面目な出会いに特化したサイトの存在を知り、その内容を見てみれば出会い系サイトに対するイメージも変わってくることでしょう。

婚活ができるサイト

婚活ができる代表的なサイトといえば次の二つです。

出会いネット(18歳以上)

ラブサーチ[18禁]

これらのサイトはいずれも運営実績が長く、優良なサイトとしてもその名が知られています。

この二つのサイトに共通している部分は、定額制のサイトであるということ。
定額制といっても料金が発生するのは男性会員だけで女性は完全無料で利用できます。
男性だけを有料、しかも会費制にすることで冷やかしや悪戯目的での入会を防ぎ利用者の質を高めています。

また、いずれのサイトもカップルの成立率が高く、結婚にまでたどり着いたカップルもたくさんいるのです。
カップルの成立率が高い理由には、圧倒的に男性優位な男女比率があります。
この二つのサイトはいずれも男性会員よりも女性会員の方が多く、男性の方が不利とされている出会い系において高い出会い率を実現しているのです。

出会いのサイトを利用する目的は大きく分けて大人の出会いと真面目な出会いがありますが、このように婚活で大きな実績を持つサイトこそが本当の真面目な出会いのためのサイトなのです。

これからの婚活は出会い系・・・?

冒頭にも書いたように、いまの若い人たちは異性との交流の場が少ないことから恋愛に対する興味が薄らいでいるような気がします。
そして、恋愛以外の楽しみを追い求めた結果、パソコンやスマホを使ってバーチャルな世界へと走っていく若者も少なくありません。

しかし、今はそのパソコンやスマホを使って簡単に恋人探しや婚活ができる世の中になっています。
婚活をゲーム感覚で・・・と言ったら語弊があるかもしれませんが、若者が得意とするパソコンやスマホを使って、是非恋愛を経験してほしいものです。